COLLECT STORE / コレクトストア | 通販 - 正規取扱店

STAY HOME キャンペーン

これぞ職人技!Hender Scheme/エンダースキーマの靴の魅力とは…

これぞ職人技!Hender Scheme/エンダースキーマの靴の魅力とは

東京の下町、浅草エリアにアトリエを構える『Hender Scheme / エンダースキーマ』。そのアイテムには、職人達の技術が凝縮されている。

財布やバッグ、ライフスタイルグッズが人気のエンダースキーマですが、デザイナー柏崎氏は元革靴職人。

卓越した靴づくりの技術もさることながら、何よりそのセンスが他に類を見ず、発明的なデザインが世界中から注目を集めています。

当店では2014年の取り扱い当初より長きにわたりたくさんのエンダースキーマの靴を販売してきました。

皆さん悩まれる靴のサイズ感についても言及していますので、ぜひこの記事を参考にしてください。

多種多様なエンダースキーマの靴

本格的なフォーマルシューズから、軽やかなスニーカータイプ、クラシカルなブーツタイプまで多種多様に展開するエンダースキーマの靴。
しかしどれを取ってもありきたりな靴はひとつとしてありません。それでは見ていきましょう。

『cheak』 – サンダルタイプの革靴

ウエスタンブーツのニュアンスを取り入れたレザー製のミュール『cheak / チーク』。
ただしウエスタン調に寄り過ぎないようにつま先の反りを抑え、ミニマルな印象に。カジュアル~ドレスまで幅広いスタイルにフィットするように仕上がっています。
素材には生後6ヶ月〜2年までの牛の革である、厚みがあり強度の高いキップレザーを使用。
cheak
cheak

カラーバリエーション

『haze with neoprene』 – 異素材のモカシン

チロリアンテイストに様々な機能を盛り込んだ人気の「haze」を、アッパー部分をウェットスーツなどに使われるネオプレーンメインの素材にアップデートしたハイブリッドシューズ『haze with neoprene / ヘイズウィズネオプレーン』。
スムーズな脱着ができるドイツfidlock社のマグネット搭載アジャスターと、ソールには軽快な歩行をサポートしてくれるvibram社のVIBRAM ROLLINGAIT SYSTEMが採用されています。
デザイン性の高さもさることながら、履き心地の良さと歩きやすさも素晴らしいオススメのアイテムです。
haze with neoprene
haze with neoprene

『old end Ridgeway』 – 定番の正統派レザーシューズ

定番のレザーシューズで、本底は安定感がありソフトな履き心地が特徴のイギリスのハルボロラバー (Harboro Rubber) 社リッジウェイソールを採用した『old end Ridgeway / オールドエンドリッジウェイ』。
このソールはグリップ力に優れ、少しドレス寄りのこの靴もガシガシ履けてデイリーに使えるので重宝することでしょう。
木型の肉付きのボリュームとリッジウェイの厚みがバランスが良く、奇麗でクラシックな普通の靴なのに、どこかエンダースキーマらしさを感じさせる逸品に仕上がっています。
old end Ridgeway
old end Ridgeway

カラーバリエーション

『Kung fu』 – カンフーシューズのスニーカー仕立て

オリエンタルなイメージのカンフーシューズをエンダースキーマらしく街履きできるスニーカーに仕立てた『Kung fu / カンフー』。
アッパーはウレタンをボンディングしたナイロンファブリック、ソールはビブラムを採用、ライニングにもメッシュ素材を使用しているため全体的に軽量化され、足入れもストレスフリーです。
ミニマルな見た目ですがインパクトの強いユニークな一足となっているのではないでしょうか。
Kung fu
Kung fu

『side gore / tarte』 – サイドゴアブーツをエンダースキーマらしく

ボリュームのあるソールが印象的なサイドゴアブーツ『side gore / tarte / サイドゴア タルト』
個人的に感じる魅力は、ドレッシーでフォーマルなイメージのサイドゴアと、反対にプリミティブで粗野なイメージのクレープソールをくっつけた点。
長靴のようなルックスですし(実際にアッパーのスウェードには撥水加工を施してあります)、あまり気を遣わずにスニーカーに近い感覚でデイリーに使っていただけるかと思います。
side gore / tarte
side gore / tarte

カラーバリエーション

『suede jung』 – シンプルなレザースリッポン

定番シューズ「jung」をスエードのカウレザーで仕上げ、マッケイグッド製法で底付けした人気アイテム『suede jung / スウェードユング』。
マッケイグッド製法のメリットは、ソールの交換時に中底とミッドソールにかかっているマッケイ縫いをそのまま活かして中底を傷めずにソール交換できるのでお気に入りの靴と長く付き合うことが可能です。
トゥのメダリオンも小ぶりな飾りを入れているため、仕事や結婚式などでのスーツ着用時にはもちろん、デニムやチノパンなどとも相性が良く様々なスタイルに合わせることができます。
suede jung
suede jung

Hender Scheme シューズ一覧を見るHender Scheme シューズ一覧を見る

mip(manual industrial products)シリーズ

誰もが一度は目にした事のある有名キックスへのオマージュとして、工業製品であるスニーカーを浅草の靴職人の手作業で全工程を作るエンダースキーマのオマージュプロダクト。
スニーカーを工業製品として捉え、それをあえて異なる「手作業」という形で生産する事で、独特な雰囲気を表現しています。
ディテールも忠実に再現されており、スニーカーファンや革製品が好きな本物志向な方からも支持される納得のクオリティではないでしょうか。
タンニンなめしの革は特性上、水を含むと柔らかくなる為、着用するごとに馴染みが生まれ、色は深みを増します。
アッパーにはカウレザーを使用し、 履き口部分には、起毛させたゴートレザーで切り替えることで上品かつ表情豊かな顔つきに。
そのクオリティの高さは、本家のスニーカーブランドや、英国大手レザーシューズブランドと遂にコラボレーションしてしまったほどです。

また、ミッドソールには軽量でクッション性にも優れたEVAソールを採用しているので通常の革靴より柔らかく履きやすいです。
mip(manual industrial products)シリーズとは

『mip-10』 – 絶大な人気を誇るあのバッシュをオマージュ

言わずと知れたキングオブバスケットシューズとも言えるあの一足がモチーフの『mip-10』。
普通の革靴と比較すると圧倒的なパーツの多さ、ミッドソールの複雑なレイヤリング、それを左右、そしてサイズごとに揃えて組み立てる技術。
しかも人間が履き、動いたり走ったりするためのツールとして成立させる。
エンダースキーマのmipシリーズは本革です。つまり生きた動物の皮。
人間で例えると、同じ人種であっても皮膚の色やシワ、キメの細かさ、毛穴などが一人ひとり違うように、動物もやはり個体によって違いがあります。
それを左右でできるだけ揃えるために気を使いながらパーツの素材選びをするわけです。
気の遠くなるような工程に思いを馳せ手に取ってしげしげと眺めるにつれ、日本の靴職人へのリスペクトの念と共に、スニーカーフリークの狂気も感じさせます。
mip-10
mip-10

カラーバリエーション

『mip-20』 – ’00年代初頭に巻き起こった一大センセーション

’00年代初頭、思い起こせばエアマックス第一次ブームも過ぎ去り次のムーブメントを誰もが待ち侘びている、そんなタイミングでデビューした衝撃の一足をオマージュした『mip-20』。
壁に這う植物のクキやツタを思わせる独特なアッパーは、デザイン性もさることながら足全体のホールド感を高めてくれます。
使われているヌメ革は、カウ(牛)とゴート(山羊)を使い分けることでメリハリと強弱を付け、立体感を演出しています。
見る者それぞれに違った感情を呼び起こしてくれるという点で、もはやアートピースとも呼べそうな靴です。
mip-20
mip-20

エンダースキーマの靴のサイズ感は?

サイズ選びの目安は、
サイズ3:25~25.5センチ
サイズ4:26~26.5センチ
サイズ5:27~27.5センチ
サイズ6:28~28.5センチ
となります。
参考までに、一般的なサイジングでオールスターの27cmを履いているスタッフは、基本的にエンダースキーマの靴ではサイズ5で少しゆとりがある感覚です。

ただし商品の木型や、履く人の足の形によってフィット感や、適性なサイズが異なります。選んだ靴の種類によってはワンサイズ程度は前後することもございます。
また革靴なので履き込むごとにソールが沈み、テンションのかかった箇所の皮は伸びます。
サイズ選びを間違えないためにも店頭でご試着いただくか、こちらのお問い合わせよりお気軽にご相談ください。

※ちなみにソールに打ち込まれた釘の数がサイズを表しています。
エンダースキーマの靴のサイズ感は?

Hender Scheme シューズ一覧を見るHender Scheme シューズ一覧を見る

まとめ

エンダースキーマの靴のご紹介、いかがでしたでしょうか?

さすが靴職人がルーツの柏崎氏の本領を感じさせるアイテムがいっぱいです。

こうして眺めて見るとクラシックでフォーマルな革靴、というよりも「東京」や「ストリート」を感じますね。

またベーシックな靴でもよく見るとどこかに「らしさ」が潜ませてあるのが、エンダースキーマの靴の特徴だと思います。

購入にあたって、何かご不明な点があればお問い合わせよりお気軽にご相談ください。

エンダースキーマのシューズ関連では「サンダル」についても特集していますので、ぜひこちらもご覧ください。


それでは。

 

記事監修スタッフ:sasaki
サイズ:176cm / 60kg
2014年入社。COLLECT STORE担当。
某ハイブランドでの勤務経験もある、モード寄りのファッション通。
ただしストリートや古着な時期もあったらしく、洋服には一家言持っている。

 

Hender Scheme シューズ一覧を見るHender Scheme シューズ一覧を見る


Related Posts

このページのトップへ