MENU

ITEMS

Craftsmanship #1 / ×immun. LIBERTY BACKPACK

"ものづくりとは普通は製造業やそこで使われる技術、人々のことを指す。単純作業での製造ではなく特に職人などの手による高度な製造の場合にこういった表現を用いられることが多い。"
「ものづくり」 – Wikipedia

「ものづくり」という言葉をご存知無い方はいらっしゃらないでしょうが、この言葉に込められた精神性までを読み取れる方はそう多くはありません。
私たちがさまざまなブランド・メーカーさんと出会い、お話をする中で気付かされるのは、今でもこの「ものづくり精神」=「Craftmanship」に忠実に則って、自身のプロダクトを通してそれらを表現する方たちが、少なからずこの日本にまだまだ居らっしゃることです。
使い手のことを考え抜いたものづくり。作り手が何かを表現し切るためのものづくり。環境に配意したものづくり。いろいろなものづくりの仕方があると思いますが、COLLECT STOREではそれらを世の中へ少しづつでも広めていくために、不定期ながらこのような記事を通して、素晴らしいプロダクトたちを紹介していきます。

少々前置きが堅苦しくなりましたが、ここからは気楽に、それでは今回は機能性とデザイン性を両立したハイレベルなバックパックをご紹介いたします。

CASH CA ×immun. LIBERTY BACKPACK

底面には雑貨屋好きな女性なんかにはお馴染みのリバティ社のファブリックを使用し、ボディには磨耗や引き裂きに強く、防水性もあるコーデュラ素材を用いたバックパック。
見た目にいかつくなりがちな本格仕様のバッグを、繊細な模様の生地で見事に中和していますね。

素材もさることながら、同じくらい注目なのがその容量。

試しに2泊程度の出張を想定してシャツ2枚、スラックス1着、下着3セット分、ノートPC、ステーショナリーを入れてみると、

サクッと、

サクサクッと入ってしまいます。
ノートPCはストラップとクッション付きの背面ポケットに入れてがっちりホールド。
濡れては困るものは止水ジップ付きのポケットへ。
感覚だとこの1.5倍くらいの荷物は大丈夫なのでPCサプライや生活用品、資料等を含めても問題なさそうです。

スーツスタイルにもハマります。
都会ではバックパック姿の会社員の方々をよく見ますが、地方だとまだまだ「アウトドアか、キッズが使うもの」感がありますよね。
このバッグを背負って自転車なんかで通勤する姿はサマになりそうです。

ユーザビリティ満点の、CASH CA×immune.のバックパックでした。
CASH CA ×immun. LIBERTY BACKPACK

Add a Comment


Related Posts